ノベルティを配布するべきタイミング

ノベルティは今や企業の販促活動に不可欠なアイテムとなっていますが、ただ単に配布しているだけでは大きな成果は得られません。

上手く活用してビジネスの飛躍に繋げる為には、消費者の行動心理や王道とされるアイテムについて理解しておく必要があります。また、意外と見落としがちなのが「いつ」ノベルティを配布するのかという点です。ターゲット層を決めて渡すタイミングを見極めることができれば、より効果的に活用していくことができるようになります。商品・サービスを購入する消費者が「お得」ということを感じられる瞬間とは、「特典が貰える」「割引クーポンが貰える」といった、商品・サービスに付加要素が加わっている時です。

普段生活する中で気付かない内に「お得」を体験しているのですが、実はそれらのお得要素は最適なタイミングで消費者へと届けられているのです。例えば、使ったことのない商品・サービスのクーポンを受け取ったとしても、その商品・サービスの魅力を知らない人からすれば価値を感じられません。さらに、利用頻度が高い店舗から来店特典の通知を受けたとしても、消費者の心理としては「特典がなくても店舗に赴く」ので特典の価値は低くなってしまいます。

つまり、消費者が商品・サービスの魅力を体験する前・途中・後では販促のアプローチや作成するべきノベルティも異なるというわけです。そのためノベルティを配布する際には、自分が消費者の立場になって考え、どのようなタイミングで何を貰ったら嬉しいかをきちんと考えて作成・配布することが大切であると言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *