豪華なノベルティを用意することが重要

20年以上も続いた不況を経験した日本では、節約志向が先行し消費に対する意識は長らく低迷を続けていました。

都会はともかく地方の人々の状況は深刻で、節約することがすっかり優先となりものを極力買わないことが美徳となっています。しかし、この経済の低迷が続いている原因は、そのように消費する事に対するマイナスなイメージが影響していると言われておりしばしば改善策が打たれます。経済が健全な状態になるためには、どうしても商品をお金を出して買うというシンプルで原始的な経済活動を行う必要があり、それなしには何をしても上手く改善しません。

政府が、消費者物価指数の数値を細かく分析しているのは、そういった背景があるためです。どのようにすると人は物欲が刺激され購入意欲がわくのかという点は、商売をする企業がこれまで何十年も考えてきました。ノベルティという販促活動は、企業が考え出した一つの刺激策といえます。単純に商品を一定以上購入したらついてくるおまけと言えばそうなりますが、このおまけの特典を充実させることで人の購買欲が増加されるということはわかっています。

成功例であれば、女性ファッション雑誌などがそれに該当しますが、これらは雑誌の中身よりもそれについている特典が非常に豪華で使い勝手が良いものとなっており、それを目当てに女性が雑誌を購入するという流れができており、一時は低迷しこのままでは紙媒体での販売は無くなるとまで言われた雑誌の販売部数は、改善しつつあります。ノベルティだけでこれだけの効果があるならば、各社は今後もノベルティに力をいれるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *