ノベルティ制作は専門業者が安心

創業何周年記念や新事業スタートを契機にノベルティを制作・配布する場合、渡す相手からお金を受け取るわけではありませんが、大家の有無という点では無償というわけではありません。

配布する以上、自社の認知度アップや販売促進などの目的があるので、見えないところでの善行をするよりもむしろ、いかに目立つかが大切です。そこで有効なのが、ノベルティに自社の名前と電話番号、WEBアドレスなどを刻印して、身につけたり身の回りにおいて目につくことが効果的です。そのためにポイントになるのが何をノベルティにするかと、会社名などの刻印をどこにプリントするか次第で、使ってもらえるかや目立つかを左右します。

つぎに制作個数ですが、広告宣伝・販売促進のための一定の予算を、単価を下げて数を増やすか、一戸当たりの価格を上げて数を絞るかの選択肢があります。数を増やせば多くの相手に配ることができますが、安すぎて印象に残らなければ結局すべてが無駄な支出になってしまいます。配る相手を喜ばせて印象に残りながら、配布する数も確保するには一戸当たりの製作費をいくらにするかが重要ですが、そこでは商品代金のほかに社名などのプリント費用もかかります。

販売商品のように大量生産をするなら単価を下げることができますが、制作が1回限りで個数も小ロットのノベルティの場合、プリント費用を抑えるには小ロット生産のノウハウを持つ制作会社を利用するのが有効です。そのノウハウを持っているのは、ノベルティに特化した専門業者で、品物をその会社のラインナップから選択することも可能です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *